英語を劇的に通じやすくするコツ

英語の勉強

日本人は英語の発音にとてもコンプレックスを持っていると思います。

一生懸命英語っぽく発音しても全然通じない→自信喪失→英語ペラペラに無性に憧れる。

英語ペラペラになれたいいですけど、大人になってからは無理ですよね、残念ながら。よほど良い耳を持っていれば別なのかもしれませんが。

ただ、ペラペラでなくとも、英語ネイティブに聞き取ってもらいやすく発音する方法はあります。ここでは、私が実際に生活している中でとても効果があった方法を紹介します。

問題は[r]や[l]ではない?

よく言われるのが、日本人は[r]と[l]、[b]と[v]の区別ができてない、とか、[th]の発音が苦手とか。

それはしょうがないんですよそれは。だって、日本語にない発音なんですから。難しいのは当たり前。

ところがそれを難しいと感じているのはネイティブも同じだってご存知ですか?実はネイティブの子供も最初は [r]と[l]にすごい苦労するんです。小学校に上がるまで[th]をしっかり発音できない子供もたくさんいるんです。たくさん聞いて、親や先生にもたくさん直されてやっとできるようになります。

ちょっと励まされましたか?人間の口の構造的に無理がある発音なんですよ、きっとね。だから地道に練習して身に付けていくしかないですね。

でも残念がるのはちょっと待って!

次にもっと即効性のあるワザを紹介しますから・・・

犯人は「-」

私はカタカナってとても優れていると思います。数えきれないほどの英語の単語を器用に日本語に取り入れられたのもカタカナのおかげ。

でも問題がいくつかあって、私はその代表が「-」だと思います。伸ばす「-」。

日本語は英語の二重母音をざっくり伸ばしちゃってるんで、日本語に引っ張られて英語を発音すると英語の音も伸びてしまいます。

二重母音とは何ぞやとか何種類あるのか、とか興味のある人はググってください。ここではややこしいことは省いて、伸ばす「-」に関係のあるエイ[ei]とオウ[əʊ(英)/ou(米)]を取り上げたいと思います。

日本語の伸ばす音はネイティブは聞き取れない

ここで、以下の単語を読んでみましょう。

ステーキ、ホリデー、プレゼンテーション、エージェント、ボート、コート、オールド、レッツゴー。

これ、二重母音を意識するとこんな感じになります(他の部分は無視してます)。

テイク、ホリデイ、プレゼンテイション、エイジェント、ボウト、コウト、オウルド、レッツゴウ

オーストラリアに来て気づいたのは、ネイティブは「日本語の伸ばす音は本来は二重母音なんだ」と想像してくれる気はゼロだということ。全く違う音なので分からないんです。

スーパーのコールス(Coles)に行きたくて一生懸命コールス、コールスと言っても通じません。コウルスなんですよ。

英語には「エー」の音はない

まず、手っ取り早く発音を改善するには、英語には伸ばす「エー」の音はないということを覚えておきましょう。

カタカナ英語で「エー」と出てきたら、必ず「エイ」と発音。

これだけでかなり発音が改善します。

「オウ」と「オー」では意味が違う

上にあげたボート(boat)とコート(coat)ですが、「オー」と伸ばすと実際にはそれぞれ、bought(買った)とcaught(捕った)に近い発音になってしまいます。ほかにもコールド(cold)はコウルドと発音しないとcalled(呼んだ)なりますし、例を挙げればきりがありません。

ネイティブが聞き間違えるのも無理ないですよね。

これは地道にどちらか覚えていくしかないんですが、違いがあると意識しているだけでも、ちょっとずつわかるようになってきます。ここでは詳しくは触れませんが、それぞれに綴りの特徴があるのもわかってくるはず。

まずは今日から、「エイ」と「オウ」に気を付けて生活してみましょう。英語が劇的に通じやすくなること間違いなしですよ。

エイ、エイ、オウ……

コメント