辞書に載ってない単語 – corflute

英語の勉強

最近新聞でよく見かける英単語。

corflute

これ、辞書に載ってません。オンライン辞書ではかろうじて出てきますけど、一般的な辞書には見当たらない単語です。スペルチェックもエラーを表示。私レベルの英語力だと辞書に載ってない単語に出会うことは稀なので、それだけでなんだか嬉しくなります(→ヘンタイ)。

意味は、プラ段。プラスチック製の段ボール。段ボール紙のように間に波型の層が入って補強されています。紙より水に強いので屋外での使用に便利。

『corflute』はもともとは商品名だったものがプラ段を指す一般名詞になったとのこと。Oxford Word of the Month – March: corflute

最近この単語をよく見かける理由はこれ。

今週末にオーストラリアで3年ぶりの総選挙があるため、路肩にプラ段製の選挙ポスターが並んでいます。日本のような選挙掲示板は見かけないかわりに、大通りはポスターだらけ。車社会のオーストラリアならではだなぁ、と思います。

候補者の顔写真が印刷されたプラ段が、裏側に取り付けられた木の杭で地面に打ち付けてあるんですが、植え込みからニョキニョキ生えててなんだか笑えます。

新聞では、『corflute』はそのままこの道路わきの選挙ポスター(election road sign)を指す言葉として使われています。

3年ぶりの総選挙ですが、どうなることやら。前回は票の確定に手間取り何週間も数えなおしてました。

ここ数年、名前を覚える前にころころ変わるオーストラリアの首相。また、新しい人が出てくる予感がします。永住権(=ビザ)保持者の私はオーストラリア国民ではないので選挙権はなく、ただ眺めているだけですが。

コメント