オーストラリア英語はなまってない?

英語の勉強

日本ではよくオーストラリア英語はなまっていると言われます。

アイゴートゥーホスピタルトゥダーイ!みたいなやつ。

オーストラリアにしばらく暮らしてみると、もうこれは単なるネタでしかないことがよくわかります。実際の生活でdayとdieを間違うことはありません。発音の専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、dayの発音が[ai]寄りなだけで、はっきり発音されるdieの[ai]とは聴こえ方が違います。まあ、田舎に行くとより、dayの[ai]度が高まることは確かですけど、ニュースではむしろ[ei]と言ってますよね。

スコットランドやアイルランドのなまりは、英語ネイティブでもコミュニケーションに困るぐらいひどいのに、オーストラリア英語だけこんなにクローズアップされてるんでしょうかね。

なまりの判定

なまっているかどうかは、当たり前ですが、どこの発音を基準にするかによります。

標準的なイギリス英語の発音を基準とした場合、オーストラリア英語とアメリカ英語では間違いなく、アメリカ英語の方がなまっています。大胆に書いてしまえば以下のようになるでしょう。

イギリス英語 ≒ オーストラリア英語 ≠ アメリカ英語

オーストラリアで長く暮らしていると、アメリカ英語は巻き舌が多くて鬱陶しく聞こえます。よっぽどなまってるってば!

逆にアメリカ英語を基準にすると、イギリス英語もオーストラリア英語もなまっていることになります。でもアメリカ人からすると英語発祥の地である大英帝国様より、田舎っぽいオーストラリアの方がからかいやすい、ってあたりがオーストラリア英語がなまっていると言われる真相でしょうね。

日本は完全にアメリカ英語チームですから、アメリカと一緒になってオーストラリアをからかっているわけです。

オーストラリア英語はなまっているから学ぶべきではない?

私の答えはノーです。オーストラリア英語はイギリス英語やアメリカ英語と意思疎通に問題があるほど違うわけではありません。オーストラリアの幼稚園児だって普通にイギリスやアメリカのアニメを見て理解してますよ。

もちろん各国の文化の違いを背景とした独特な言い回しは多数ありますが、そんなのは後で学んでいけばいい話です。発音だって、最近ではちょっと素朴で舌足らずな感じのするオーストラリア英語がアメリカでも人気があるとかないとか。

まあ、将来イギリスの上流階級にデビューする予定の人は、オーストラリア英語はやめておいた方がいいかもしれませんけどね。

つべこべ言わずに、何英語でもいいから学んでみましょう。

コメント