「生」食パンを巡るまさかの展開

ケアンズの日々
Image by Frank Oschatz from Pixabay

ケアンズの生活にもすっかり慣れ、日常特に不便を感じることもありませんが、日本に一時帰国するにあたってやっぱり楽しみなのは食事。

牛丼
ラーメン
寿司
焼肉
それからイチゴショートケーキも!

食べ物だけは海外に住んでるとどうしても不自由しますよね。

今回はネットでも話題になっている高級食パンも時間があったら試してみたいと思っています。

ケアンズでは食パン(sandwich loaf)をベーカリーで買っていてそれはそれで美味しいんです。ただ、日本の白米にあたる食パンは小麦粉の味勝負で、砂糖やバターを加えていないので日本の食パンのようなほのかな甘みというのがありません。

ネットの記事で読むと、乃が美の「生」食パンはそれは美味しそうです。想像するに、食パンというよりブリオッシュとかそういう方向性かしら?話題先行とは思いつつ興味があります。

前回帰国したとき、銀座のセントル ザ・ベーカリーにすごい行列ができてて、何だろうと思っていたわけですが、東京の乃が美にも行列ができているのかな?

・・・とまだ見ぬ高級食パンに思いを馳せて夢中になって話していたところ、旦那が、「それ、この前日本から来た人に聞いた。おいしいって言ってたけど、生で食べておいしいのかなぁ。」となんとなく興味なさげ。

パンはそれなりに好きなはずなのに・・・ちょ、ちょ、ちょっと待って!まさか、パン生地を食べるもんだと思っていませんよね?!

はい、思っていました。

「そのまま何もつけなくても美味しいってことだよ」と言ったらちょっと安心していました・・・当たり前だろっ!

せっかくの美味しい食パンの妄想がとんでもない方向に行ってしまいましたが、こうなったら帰国時に是が非でも家族一緒に「生」食パンを味見しなくっちゃ。

二回りくらい大きくなってケアンズに戻ってくる予感です。

コメント

  1. 花粉症 より:

    ブリオッシュのような感じではないです。限りなくなめらかで柔らかい食パン、って言えばいいのかな?

    でも、たしかに美味しいんですけど、”何かを塗って”しまえばそのおいしさがわかりませんよね?そして”そのまま”がおいしい、って言われればトーストもできません。で、私の場合、すぐに”飽き”ました。2斤もあるパンを毎日毎日、何も塗らずトーストもせず食べるなんて楽しくもなんともないですから。
    夫が1度買ってきたのですが、”二度といらないから”と伝えました。(高いし)

    • アタシ アタシ より:

      あはは!非常にリアルなコメントありがとうございます。確かに、「生」ばっかりはぜんっぜん楽しくないですね。ものすごく参考になりました。