チキンソルトで激ウマのポップコーン

ケアンズのお土産

今さらポップコーンにハマってます。

こないだバスケの試合を見に行った時に買ったポップコーンがやけに美味しくて、機械で作ってる様子をじーっと観察したわけです。こんなやつね。

popcorn

機械にコーンとサラダ油を1カップずつ入れて、はじけて出てきたポップコーンに、さささーと黄色っぽい粉をまぶしてました。

コーンとサラダ油はごく普通に見えたので、旨さの秘密はアイツに間違いない!

早速、スーパーに走り、買ってきました。

オーストラリア名物、チキンソルト。

chicken salt

オーストラリア版『魔法の粉』。実際ハッピーターンの粉に味の方向性が似ている中毒性のある調味料です。

ベジマイトよりもクローズアップされる頻度は少ないですが、これ、オーストラリアの特産品。もともと、チキンを美味しくローストするための調味料として開発されたそうで、成分としてチキンが入っているわけではありません。

原材料を見ても、塩と砂糖のほかは、何たらフレーバーとか書いてあって要は『内緒』。ビーガン対応と書いてあるので、野菜ベースなんだとは思いますが。(ブランドによっては、チキンエキスを加えてあるものも存在するみたいです。)

オーストラリアで最もポピュラーな食べ方は、フライドポテトにまぶす方法でしょうね。KFCのポテトも、オーストラリアだとチキンソルト味。

で、ポップコーンに戻るんですが、チキンソルト大正解!

普通に鍋でポップコーンを作って、まぶすだけなんですが、後を引く味で、どんぶり一杯軽くいけます。

あえてコツがあるとすれば、大き目なボウルにポップコーンをあけて、チキンソルトをまんべんなくまぶすとより美味しいですね。

チキンソルトにもいくつかブランドがあって、スーパーの調味料売り場で簡単に見つかるので、よかったら試してみてください。これはハマります。

コメント