ケアンズでも花粉症かもしれなくてショックなはなし

ケアンズの日々
Image by Bruno Glätsch from Pixabay

2週間以上前に風邪をひいて、その後のども痛くないし熱もないのに激しい咳が収まらず、とうとうお医者さんに行ってきました。

お医者さんは風邪を治せない、とは言ったものの、さすがに話そうとしただけで激しく咳き込むのが続いて、やばい病気じゃないかと心配になったわけです。咳しすぎてあばらも痛くなってきたし。

で、結論は…風邪じゃなくてアレルギーでした。

去年のちょうど今頃、鼻水が止まらず診てもらうとアレルギー性鼻炎と診断されて、鼻炎用のスプレーをもらったんですが、その後おさまったのですっかり忘れていました。

お医者さん曰く、今度の咳はその気道バージョンだろうと。

アレルギーの原因は、ダニかもしれないしホコリかもしれないし、よくわからないんですが、疑わしいのはこれ。

そう、収穫シーズンを前に咲き誇るサトウキビの花。去年の鼻炎も冬の始まりのちょうど同じ時期だったし、非常にアヤシイ・・・

とりあえず、鼻炎用のスプレーと気道拡張用の吸入薬をもらい症状は治まってきました。咳がないって素晴らしい。

でも、日本を離れてからのスギ花粉症(かなり劇症)と無縁の幸せな日々が終わりを告げるのかと思うと、とても悲しい気持ちでいっぱいな今日この頃です。

コメント