子供がやると激カワの『Little Peter Rabbit』

ケアンズで子育て

娘、毎日のように幼稚園で歌を習ってきますが、両親は日本人なので、娘の舌足らずな歌から断片的に聞き取れる単語を頼りにGoogle先生に質問する日々です。

最近のお気に入りは『Little Peter Rabbit』。この振付が可愛いんですよ。

メロディーは、「オタマジャクシはカエルの子」または「ゴンべさんの赤ちゃんが風邪ひいた」または「新宿西口駅の前」、のアレです(オリジナルはアメリカ民謡の『リパブリック賛歌』)。

娘に確認したところ、幼稚園で見ている映像は↓

Singing Hands: Little Peter Rabbit – Makaton Sign Language

キャプションによるとこの振付は、自閉症や発達上の問題で言葉でのコミュニケーションが難しい人のためにイギリスで開発されたMakaton(マカトン)という手話の一種ようです。

映像ではおばさんたちの顔が真剣すぎてむしろ怖いんですが、子供たちがやるととても可愛いので是非歌と一緒に試してみてください。

歌詞も書いておきますね。

Little Peter Rabbit had a fly upon his nose
Little Peter Rabbit had a fly upon his nose
Little Peter Rabbit had a fly upon his nose
And he swished it and he swashed it and the fly flew away
(小さなピーターラビットの鼻の上にハエが一匹。ぱっぱと払ったらハエが飛んでった。)

Powder Puff and curly whiskers
Powder Puff and curly whiskers
Powder Puff and curly whiskers
And he swished it and he swashed it and the fly flew away
(モフモフの尻尾とカールしたおひげ。ぱっぱと払ったらハエが飛んでった。 )

Little Peter Rabbit had a fly upon his paw
Little Peter Rabbit had a fly upon his paw
Little Peter Rabbit had a fly upon his paw
And he swished it and he swashed it and the fly flew away
(小さなピーターラビットのお手々の上にハエが一匹。ぱっぱと払ったらハエが飛んでった。 )

Powder Puff and curly whiskers
Powder Puff and curly whiskers
Powder Puff and curly whiskers
And he swished it and he swashed it and the fly flew away

( )内は筆者の適当訳です。Powder Puff(パウダーパフ)はおしろいをはたくやつですね。英語ではモフモフ感をこういう風に表現するんですね。勉強になりました。

しばらく我が家のブームは続きそうです。

コメント