ケーキ作って持たせましたよ!

ケアンズで子育て

オーストラリアにあって日本にない習慣のひとつとして、誕生日に学校や幼稚園にみんなで分ける用にケーキを持っていく、というのがあります。

誕生日の子供はクラスみんなからハッピーバースデーの歌を歌ってもらいケーキを一緒に食べるわけです。

保育園の頃はうちはスーパーで買ったミニサイズのカップケーキでごまかしていたのですが、年齢が上がるとそういうわけにもいかず、今年は作ることにしました(…憂鬱…)。

ちなみにカップケーキじゃなくて大きなケーキを持たせる親もいますが、切り分ける手間を考えると先生としてはやっぱりカップケーキがありがたいようです。

ケーキめんどくせー、と思う親は私だけではないようで、スーパーで便利なものを発見しました。

Cupcakes | Baking Products | Betty Crocker AU
Perfect for celebrations or a sweet treat, these premium range of cupcakes come in a range of delicious flavours.

カップケーキミックスに卵と牛乳とバターを加えてぐるぐるかき混ぜて、付属の紙カップに流しいれて焼くだけ。素敵すぎる。

そして、なんと上に載せるフロスティング(アイシング)までできた状態でパックされているので、焼きあがったケーキに載せるだけ!・・・ではあまりにも芸がないので、ちょっとだけ赤い食紅を混ぜて、これもスーパーで売ってる『hundreds and thousands(キラキラ)』とお花型の飾りを乗っけてみました。

じゃじゃん。

えー、何気に超かわいくない?(自画自賛)

2パック使って全部で24個作りました。

幼稚園でも大好評だったようで、娘は「来年もまた作る」と今から張り切っています。ええ、いいですよ、こんな手抜きでいいなら何回でも。

カップケーキ作戦大成功の巻でした。

コメント